背中が硬い人は肋骨が広がっています

こんにちは。
川越市のマッサージ「いぶきカイロプラクティック」院長の高橋良昌です。

背中が硬い人は肋骨が広がっています

背中の施術って気持ちいいですよね。
でも、いつも背中がガチガチで、ほぐしてもなかなか緩まない状態になっていませんか?

背中のほぐしと肋骨の整体

実はほとんどの場合、肋骨や胸郭が横に広がっているのが原因です

ペットボトルを体に見立てた下の写真をご覧ください。
丁度ラベルのあたりが肋骨(胸郭)になります。

ペットボトルを利用した柔らかい背中と硬い背中

ラベル部分が潰れている状態が、肋骨が閉じている状態です。

肋骨はペットボトル自体、ラベルが筋肉だとイメージしてください。

ラベルがゆるんでいるのは、写真右側になります。
この状態が、筋肉がゆるんでいる状態なんです。

ペットボトルがパンパンだと、ラベルはほとんど動きません。
この状態が、背中の筋肉が硬い状態です。

 

そのため、体をほぐす前にまず肋骨を閉じてあげると、ガチガチの背中の筋肉がゆるみやすくなります。

その上で、気持ちいい背中のほぐしを行えば、いつも以上にほぐれてくれますよ。

こんな感じで、背中がふにゅふにゃになります。

ペットボトルを利用して背中のふにゃふにゃになるイメージ

 

肋骨を閉じるとこんな効能があります


●背中がやわらなくなります。

●ウエストが細くなります。

●肋骨がやわらなくなるので、呼吸が深くなります。

●呼吸が深くなるので、血の巡りが良くなります。

●疲労が取れて元気になります。

●体の柔軟性がアップします。


 

お腹を突き出している姿勢や、背筋を伸ばしている姿勢だと、肋骨が横に広がってしまうので気をつけてください。

五郎丸のポーズや、お祈りの姿勢で、脇を閉めながら肋骨を閉じるのがセルフケアになります。

 

当院では、「お腹の整体コース」で肋骨を閉じる調整&コリをほぐす施術行っています。

ガチガチの背中をゆるめて、あなたの健康と美容をお手伝いいたします^^(いぶき)

 

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9:00~22:00(土曜20:00)
定休日  第1・3火曜日
TEL 0120-184-497

周辺地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です