体が硬い人のための太ももマッサージ3・もも裏

こんにちは。
川越市のマッサージ「いぶきカイロプラクティック」院長の高橋良昌です。

体が硬い人のための太ももマッサージ3・もも裏

前屈や前かがみが苦手な方、膝や股関節が曲がっている方は、ももの後ろ側が硬くなっています。
一般的に体が硬くて来院される方は、このもも後ろの硬さを訴えます。

うつ伏せ太 もも裏のマッサージ

前かがみは日常よく使う動作のため、硬いといろんな場面で支障があります。

・靴下を履くとき
・ズボンを履くとき
・靴を履いたり脱いだりするとき
・下に置いてある荷物を持ち上げるとき など

 

無理な前かがみで腰を傷めることがあるので、注意が必要です。

前かがみには、柔軟性だけでなく、体の使い方のコツがあります。

つま先重心ではなく、かかと重心で前かがみになるのが、体に負担をかけない動かし方です。

 

体が硬い方には、一番時間をかけて入念にほぐす部分になります。

そしてほぐすだけでなく、前かがみのコツまでアドバイスされていただきます。

 

ほぐす筋肉は、主にこんなところです。

中殿筋、大殿筋、梨状筋(坐骨神経の上)

大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋などのハムストリング

腸脛靭帯、外側広筋(大腿四頭筋)

太もも後面の筋肉

 

さらにうつ伏せのまま、延命学により、もも裏の内側を施術します。

もも裏がゆるむと、腰や背中、首筋まで体の背面が柔らかくなります。

 

もも裏のマッサージの効能


●前屈や前かがみが楽になります。

●膝や股関節を伸ばしやすくなります。

●体の柔軟性を感じます。

●腰や背中の張りが減り楽になります。


 

もも裏は、体が硬い方の最重要ポイントになります。

ここが硬くなることで、臀部が硬くなり、腰に負担がかかってきます。

骨盤が後傾している方、中腰で仕事をされる方は、絶えずもも裏が疲労します。

 

もも裏のマッサージではこんな声をよく聞きます。

「効きますね!」
「ここが一番気持ちいいよ。」
「かなり硬いよね。」

 

体が硬い方にとっては一番ゆるみにくい部分なので、何回か続けて施術を受けられることをおススメします。

是非、もも裏のマッサージで、前かがみの柔軟性を取り戻してくださいね^^(いぶき)

 

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9:00~22:00(土曜20:00)
定休日  第1・3火曜日
TEL 0120-184-497

周辺地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です