足のむくみ、ふくらはぎの張り

こんにちは。
川越市のマッサージ「いぶきカイロプラクティック」院長の高橋良昌です。

足のむくみ、ふくらはぎの張り・疲れ

ふくらはぎは第二の心臓と言われていますね。
足がむくんで血行不良が続いている場合、疲れがなかなか抜けなくなってしまいます。

足のむくみ・ふくらはぎの張り

歩きっぱなしで足裏や脚がパンパンに疲れている場合は、直接足裏やふくらはぎを揉みほぐし方がいいですね。

しかし、それほど歩いた覚えがないのに足のむくみがある場合、主に3つの原因が考えられます。

1.日常的に足首の動きが少ない、つま先を上にして足首を反らしっぱなしが多い

2.背中と腰の中間にある腎臓のあたりをいつも緊張させている、腎臓の機能に問題がある

3.脳疲労により頭がガチガチに硬くなっている

 

足つぼや、リンパケアで直接ほぐすことで解消されることも多いですが、すぐにもどってしまう場合、上記の原因が関係しています。

 

1.日常的に足首の動きが少ない、つま先を上にして足首を反らしっぱなしが多い

日常的に歩くことが少なかったり、デスクワークなど座っている時間が長い方に、足首が硬くなる傾向があります。

また歩くことが多くても、靴が硬くて足首や足のゆびが動かせないのは良くありません。
窮屈な靴を履かないことをおススメします。靴ひももギューギューにしないことです。

足首の動きをみると、足首を反らすとき、ふくらはぎとアキレス腱は下がってきて足首は太くなります。

逆に、足首の甲を伸ばすと、ふくらはぎとアキレス腱は上がっていき足首も細くなります。

足首の甲を伸ばした方が、リンパの流れも上に上がっていきやすく、足のむくみが解消していきます。

つま先立ちを数回行ったり、足首の甲を伸ばして座ることもおススメです。

 

2.背中と腰の中間にある腎臓のあたりをいつも緊張させている、腎臓の機能に問題がある

椅子の背もたれにもたれず背筋を伸ばして座っていたり、胸を張って立っていると、腎臓の裏あたりが硬くなっていませんか?

体を左右に捻じりにくくなっている場合、腎臓の裏が硬くなっています。

少しだけ背中を丸めるようにして脱力して、体を捻じってみてください。
捻じりやすくなると思います。

背中と腰の間は、少し丸まることで緊張がゆるみ、腎臓の機能が発揮できるようになります。
腎臓の機能がうまく働かないと、足のむくみにつながることがあります。

背筋を伸ばして、腎臓の裏側を硬くしまいように注意してください。

 

3.脳疲労により頭がガチガチに硬くなっている

脳疲労が続くと、脳の主な働きであるホルモンの正常な分泌、自律神経の正常な働き、血流の正常な維持ができなくなってしまいます。

さらに頭の血管は細いので、頭がガチガチに硬くなっていると、頭から下に流れていく血の巡りを悪くしてしまいます。

頭が疲れたとき、いっぱい歩いたわけじゃないのに、やたらと足の疲れを感じる場合、頭の硬さがとても関係しています。

単なるヘッドケアでなく、頭の血管のツボを刺激することで、ふくらはぎが温かくなり柔らかくなっていきます。

 

ふくらはぎをほぐしても足のむくみが解消しない場合、足首のゆがみ、腎臓の裏のコリ、頭のコリがあるかチェックしてみてください。

当院では、ふくらはぎを直接ほぐすだけでなく、それだけでは解消しないむくみの原因まで整えるサポートをしています^^(いぶき)

 

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9:00~22:00(土曜20:00)
定休日  第1・3火曜日
TEL 0120-184-497

周辺地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です