素足で歩くと本来のバランスが整います

こんにちは。
川越市のマッサージ「いぶきカイロプラクティック」院長の高橋良昌です。

素足で歩くと本来のバランスが整います

普段、素足で歩く機会はありますか?
素足感覚は働いていますか?

素足になって芝生で遊ぶ子供たち

立っているとき、歩いているとき、体を支えているのは足裏です。

足元が不安定だと、体のあちこちのバランスを崩し、余計な力が入って体を支えてしまいます。

筋力があるのに体が安定しない、そもそも体の力が出ない場合、足元が不安定になっています。

 

写真のような土手の斜面をのぼるとき、素足ならのぼれても、靴を履くとのぼれない人が多いと思います。

素足は、あなた本来の足裏の腱を使った身体バランスを発揮してくれます。

靴を履くと、本来の能力が失われてしまうんです。

 

子供のように外で素足になれとは言いませんが、家の中で靴下を履いていてもいいので、素足に近い状態を増やしてみませんか?

家の中で常にスリッパを履いていたり、厚手の靴下ばかり履いていると、素足感覚が鈍って、足裏がどんどん弱くなってしまいます。

冷え性の人は嫌がりますが、素足に近い状態で生活している人ほど、冷え性ではないようです。

なぜなら、よく足指や足裏の腱を使って生活しているので、足裏が活性化されて第二の心臓といわれる「ふくらはぎ」の血行不良がないためです。

 

また、外で履く靴は大切です。

踵がすり減ったり、傾いたりした靴を履いていないですか?

整体などで、どんなに骨盤や背骨を整えても、足首のバランスを整えても、そもそも靴がゆがんでいるので、体はすぐに歪んでしまいます。

靴を新しく買い替えることをおススメします。

 

靴を選ぶときには、素足感覚に近いものを選ぶようにしてください。

デザインやフィット感で選ぶと、大概失敗します。

体のためを思うなら、靴を履いた状態で壁を押したときに、よろけない状態が理想です。

素足で壁を押したときには、足裏でちゃんと踏ん張れていて、よろけない感じがあると思います。

靴を履いて壁を押すとよろける場合、足裏はまったく使えない状態だということがわかります。

靴で体を弱らせないようにしてください。

 

結果が必要なスポーツ選手だけでなく、健康な体をキープするために、素足感覚を身につけてください。

今日から足裏をしっかり使って生活しましょう!(いぶき)

 

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9:00~22:00(土曜20:00)
定休日  第1・3火曜日
TEL 0120-184-497

周辺地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です