睡眠で疲れが取れないのは肋骨が硬いから

こんにちは。
川越市のマッサージ「いぶきカイロプラクティック」院長の高橋良昌です。

睡眠で疲れが取れないのは肋骨が硬いから

こんなことはありませんか?
「ちゃんと寝たはずなのに疲れが取れない!」「なかなかぐっすり眠ることができない!」

深い呼吸で熟睡する女性

どんな姿勢で寝ていても、ベットと体の間に空間ができていないことが大切です。

寝ているときは、唯一重力から解放されて、余計な筋力を使っていないはずですが
ベッドから体の一部が浮いていると、勝手に力が入ってしまいます。

この状態が多いのが、首のすきま、肩のすきま、腰のすきまなどです。

そしてこの原因は、肋骨がガチガチに固まっているためです。

肋骨を全部束ねたものを胸郭といいますが、この柔軟性により、本来体がベッドにフィットするんですが、
肋骨が硬いとベッドにフットせず、特に腰などに隙間ができてしまいます。

 

この胸郭は、物をいれる「かご」をイメージしてもらうとわかりやすいです。

かごが柔らかいと、いろんな形に変えることができます。

ベッドにフィットするだけでなく、寝ているときに唯一動いている「呼吸」まで深くなります。

これって、睡眠にとってもいいと思いませんか?

 

そうです。寝ても疲れが取れない、なかなか眠れないのは、呼吸が浅くなっているからなんです。

寝る前には、肋骨をゆるめましょう。

肩が上がってすくんでいると肋骨は硬くなります。

五郎丸のポーズや、手を合わせてお祈りのポーズで、開いた傘を閉じるように肋骨を下に収めましょう。

そしてその姿勢のまま、体を左右にゆさぶって左右の肋骨の動きをよくしたり、丸まる姿勢でお腹を凹ませて肋骨を後ろに動かしてみてください。

 

肋骨の柔軟性がアップすると、深く呼吸ができるようになり、熟睡できるようになります。

当院では、単にコリをほぐすだけでなく、肋骨の柔軟性まで調整させていただいています。

自分でケアできない場合は、ご相談くださいね^^(いぶき)

 

当院へのアクセス

いぶきカイロプラクティック
〒350-1126
埼玉県川越市旭町1-1-18 フローラル・幸 2階
川越駅西口徒歩5分・ウニクス川越の真向い
駐車場なしウニクス川越をご利用下さい

営業時間 9:00~22:00(土曜20:00)
定休日  第1・3火曜日
TEL 0120-184-497

周辺地図

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です