便秘について

川越市のお腹の整体・内臓調整「いぶきカイロプラクティック」便秘について

便秘でこんなお悩みはありませんか?

  • 何日も便が出ない
  • お腹が張って苦しい、お腹にガスがたまっている感じ
  • お腹が痛い
  • 便が硬くて、出す時がツライ
  • 慢性的な腰痛がある
  • ひどい便秘で胃痛や頭痛がする
  • 便秘薬がだんだん効かなくなってきた

便秘について

便秘の女性

便秘とは、便が異常に長い時間、腸の中にとどまっている状態のことです。毎日便通があっても、排泄される量が少なく、便が長く大腸にとどまっている時も、便秘と考えられます。

一般的に健康な人では、毎日少なくとも1回は便が排泄されるのが普通で、規則的な排便習慣があります。

しかし排便習慣は個人差が大きく、女性では2~3日排便のない人もめずらしくありません。毎日便通がなくても、体に何の苦痛も感じなければ便秘とはいえません。

排便の回数に関わらず、こんな症状があれば便秘といえます。

  • 排便の回数が以前よりも減っている
  • 排便時の不快感がある(なかなか出ない、固い、スッキリしない)
  • お腹にガスがたまっている感じ、お腹の張り

「ひどい便秘」では、頭痛,胃痛,腹痛などの症状が現れることがあります。

 

排便のしくみ

排便のしくみ

食事をしてから胃→小腸→大腸と通過してS状結腸にたくわえられた便が、その重さや結腸の蠕動運動(ぜんどううんどう)によって直腸に送られると、直腸壁が広がります。

この刺激が自律神経を介して脊髄に伝わり、さらに脳に伝わることによって、便意がおこります

脳が便意を感じると、腹筋がはたらき、腹圧が高まり、直腸の肛門にある内肛門括約筋外肛門括約筋がゆるむことで、排便が行われます

排便の流れ

①飲食物が胃に入る

②胃に入った刺激で胃結腸反射がおこる

③大腸が蠕動運動によりS状結腸、直腸へと便を運ぶ

④便による直腸壁が広がる

⑤自律神経による脊髄への刺激が伝達される

⑥脳へ刺激が伝達される

⑦便意を感じ、排便の準備をする

⑧腹筋が収縮し、腹圧が上昇する

⑨直腸が収縮し、内肛門括約筋がゆるむ

⑩外肛門括約筋がゆるむ

⑪排便

便の大腸内の通過時間やその便の状態の異常は、下痢や便秘の原因として現れます。

 

便秘の原因

便秘といっても、それほど心配ない便秘と、気をつけなければならない便秘があり、次のような原因が考えらます。

  • ①食事の量
  • ②排便力が弱い
  • ③運動不足
  • ④便意のがまん
  • ⑤下剤の乱用
  • ⑥腸の病気で腸管が狭くなっている
  • ⑦内科的な病気
  • ⑧ストレス・過敏性腸症候群

便秘の原因 ①食事の量

水分のとり方が少ない場合や、食物繊維の少ないものを多くとった場合は、便になるものが少ないので、便が出なくてもそれほど心配はありません。

便秘の原因(水分と食物繊維)

便秘の原因 ②排便力が弱い

便は、腹圧が高まって(ふんばって)押し出されるため、横隔膜、お腹まわりの筋肉(腹筋や大腰筋)、骨盤にある筋肉(腸骨筋や骨盤底筋)などのゆるみ、筋力の低下なども便秘の原因となります。

便秘の原因(排便力が弱い)

便秘の原因 ③運動不足

デスクワークや車の運転で長時間座ってる人や、病気で長期にわたり安静を保たなければならない状態の人などは、運動不足から便秘をおこすことがあります。

運動不足になると、胃腸が活発にはたらくための蠕動運動(ぜんどううんどう)が活性化されないため、食欲と消化が弱まってしまいます。

便秘の原因(運動不足)

便秘の原因 ④便意のがまん

サラリーマンやOLなどで、朝の出勤前に排便するだけの時間的な余裕がない人も便秘になりことがあります。

便意をもよおした時にそれを我慢すると便意が失われ、それが習慣となって常習性の便秘となります。

便秘の原因(便意のがまん・習慣性便秘・直腸性便秘)

便秘の原因 ⑤下剤の乱用

下剤を使うと一時的に便秘に効果があるので、とりあえず薬に頼ってしまう方が多いですが、下剤を使ってお通じがあっても、それは便秘が改善したことにはなりません。

下剤には2つの種類があり、「①腸のはたらき(ぜん動運動)を活性化させるもの」、「②便に水分を与え柔らかくするもの」、があります。

本来、脳や脊髄からの排便反射によって、腸のぜん動運動や水分バランスを調整しているものを、無理やりコントロールしているので、自然な胃腸のはたらきがさまたげられ、下剤の長期乱用により便秘の悪循環になっていきます。

便秘の原因(下剤の乱用)

便秘の原因 ⑥腸の病気で腸管が狭くなっている

大腸がん、大腸の癒着などによる病気が原因で、腸管が狭くなり便が通過しにくくなります。

便秘から腸閉塞に移行することもあるため、放っておかずに医療機関を受診してください。

 

便秘の原因 ⑦内科的な病気

内科的な病気が原因となって合併症として起こる便秘で、内分泌疾患、代謝性疾患、神経疾患などでおこります。

主な内科的な病気としては

  • パーキンソン病
  • 糖尿病
  • 甲状腺機能低下症
  • 低カリウム血症

このような病気で、大腸のはたらき(ぜん動運動)の低下によって便秘がおこります。

 

便秘の原因 ⑧ストレス・過敏性腸症候群

ストレスなどで自律神経が乱れると、大腸のぜん動運動が過敏になりすぎて、大腸の壁がけいれんするような動きになってしまい、その結果、便秘をひきおこします。

便秘だけでなく、下痢になることもあり、食後にお腹が痛くなったり、ウサギのフンのようなコロコロかたい便(小さな塊便)が出ることがあります。

便秘の原因(ストレス・過敏性腸症候群)  

便秘の種類

ここでは、腸の状態と便の状態をまとめて、便秘の種類について説明いたします。

  • ①弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)
  • ②けいれん性便秘
  • ③直腸性便秘

便秘の種類 ①弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)

大腸の動きが悪くなることでおこる便秘で、便が移動するスピードが遅いので、排便までの時間が長くかかります。

ふつう、結腸に送り込まれた内容自体や、腸の中にある細菌によって発生した酸素やガスが刺激になって反射的に腸の運動がおこり、それによって排便がなされるのですが、このときの反射が鈍いために便秘がおこります。

大腸に便が長くとどまり、水分の過剰吸収で、便が固くなってしまいます。腸の周りの筋肉がゆるみ、腸の動きが弱くなって、便の押し出しが悪くなった状態です。

最も頻度が高く、女性や高齢者に多いです。

便秘の種類(弛緩性便秘)

便秘の種類 ②けいれん性便秘

大腸のぜん動運動が過敏になりすぎて、大腸の壁がけいれんするような動きになってしまい、上手く便を送れなくなるためにおこる便秘です。

自律神経の乱れや、大腸に何らかのアクシデントがあってけいれんが起こり、これによって便秘がおこる場合です。

大腸の過緊張により、便が上手く運ばれず、ウサギのフンのようなコロコロとした固い便になります。腸管自体がけいれんによる収縮で狭くなり、便が出にくくなった状態です。

便秘と下痢を繰り返すことも多く、頻繁に腹痛が起こるのが特徴で、ストレスが多い人に起こりやすい。

便秘の種類(けいれん性便秘)

便秘の種類 ③直腸性便秘

便が直腸に達しても、排便反射がおこらず、便がとどまってしまい排便の障害がでている便秘です。

便意が起こってもがまんしていたり、がまんを繰り返していると便意が正常に起こらなくなってしまいます。また下剤の乱用によって排便反射が妨げられてしまいます。

排便をがまんする人、下剤に依存している人、高齢者や寝たきりの人に多いです。

直腸性便秘は、大腸ガンの8割を占める直腸ガンを誘発しますので、将来のリスクを減らすためにも改善が必要です。

便秘の種類(直腸性便秘)

 

便秘を放置しないで

最も多いのは常用性の便秘で、特に若い女性に多く、これといった自覚症状がないのに便通がなく、やたらと下剤を乱用することで排便反射が妨げられ、かえっていろいろな障害を招いていることです。

次に多いのが、腹が張ったりする不快感、下腹部の痛みです。

便秘はそのまま放っておくと、大腸の一部が膨張して長くなり、かえって症状が続きます。しかも、便秘が長く続くことは体内の老廃物や毒素、食べ物の残りかす(食物残渣)などが排泄されないため、全身のだるさ、行動意識がなくなったり、精神的に憂うつになったり、頭痛やめまい、頭が重くなったりします。

当院では便秘が原因で、頭痛、めまい、胃痛、腰痛、背部痛、体のだるさ、疲れやすい、といった症状を抱えているケースを多くみています。

また、高血圧や動脈硬化のある老人は、便秘があると血圧も上がり、ときには排便時に、トイレで脳卒中の発作をおこす事も少なくありませんので注意が必要です。

 

便秘に対して当院ではどうするか?

便秘の原因は腸だけではありません。

姿勢のくずれ、内臓下垂、腸への血行不良を解消し、揉んでも楽にならない頑固な便秘を改善していきます!

もちろん腸は直接触って、硬さや張り具合をみて、お腹のコリをほぐしていきます。

頑固な便秘の原因は3つあると考え施術していきます。

①お腹・太もも・お尻の硬さが胃下垂を引き起こし内臓を冷やす

お腹・太もも・お尻の緊張があると、胃下垂など内臓の位置異常を引き起こし、血液量を整えたり、浄化したり、栄養分をコントロールしたりして頑張っている「肝臓」や「腎臓」の働きを弱めてしまいます

延命学という特殊なリンパマッサージで、臀部・太もも・お腹をリフトアップさせるようにほぐしていきます。さらに脚にある内臓のツボ療法により、特に大腸・肝臓・胆のうを元気にしていきます。

大腸のツボ腸管のぜん動運動を促進し、肝臓・胆のうのツボ胆汁が出やすい状態をつくり、腸管内での潤滑剤となります。

内臓の位置異常が改善することで、お腹が柔らかくなり、内臓の血行不良も改善されるため、全身への血の巡りがよくなっていきます。

延命学での特殊なリンパマッサージ(お腹・太もも・ふくらはぎ)

②背すじを伸ばした姿勢が原因で便秘になる

一般的には知られていませんが、背すじを伸ばした姿勢が便秘をつくっています。特に座っている姿勢では背中や腰は丸まっているのが理想です

実際にトレイで排便の時、背中や腰を丸めて前かがみで行いますよね!たぶん背筋を伸ばして排便しないと思います。

根本的には、この姿勢が腑に落ちて実践できれば、便秘は解消されていきます。しかし背中を丸めるなんて信じられないと感じる方がとても多いです。

そのため姿勢の指導をすると共に、深い呼吸と脳脊髄液の循環をよくする「減腔」という整体施術を行いながら、脱力した体に優しい姿勢をつくって便秘に対処していきます。

首こり・肩こりなど体のバランス・血の巡りを改善するマッサージ整体

③ストレスによる自律神経の失調が原因

「頭蓋骨調整」と「ヘッドマッサージ」を組み合わせた頭部リラックス操法という独自の整体で、脳のストレスを解消していきます。

頭部リラックス操法(頭痛・めまい・ストレス治療)

便秘でお困りの方はお気軽にご相談ください。

当院には、慢性的な便秘、肩・腰・背中を揉むだけでは楽にならない便秘、強いマッサージが苦手な患者さまが多く来院されています。

お腹のコリをほぐしたり、内臓のツボを初めて押されたという方も多く、お腹をやわらかくして内臓を元気にするのが当院の特徴です。

また姿勢やセルフケアなどを覚えて根本的に改善したい方、下剤や浣腸、便秘薬の乱用や副作用がない方法を考えている方など、お気軽にご相談ください。

 

いぶきカイロプラクティック ご案内

いぶきカイロプラクティック
完全予約制 (当日予約も大歓迎!)
営業時間9:00~22:00(最終20:00)

川越市のお腹の整体・内臓調整「いぶきカイロプラクティック」院長

いぶきカイロプラクティック院長 高橋よしまさ
「当院は1人整体院です。」
「私が責任を持って全ての施術を担当致します。」

今すぐお電話 ↓↓↓ 「ホームページを見た」とお電話ください。

川越市のお腹の整体・内臓調整「いぶきカイロプラクティック」お問い合わせ・ご予約0120-184-497

 

営業案内

アクセス

川越市のお腹の整体・内臓調整「いぶきカイロプラクティック」の場所
川越駅西口からの詳しいアクセスを見る

 

施術料金

詳しくはこちらをクリックしてください ↓↓↓ メニュー・料金ページが表示されます

川越市のお腹の整体・内臓調整「いぶきカイロプラクティック」メニュー・料金